ノイ・ノイ・ノイ!

marienberg.exblog.jp
ブログトップ
2013年 06月 03日

5月1日(中)@フランケン地方出張記2013年春

レーデルゼー(Rödelsee)の休憩スポット「キューヒェンマイスターヒュッテ(Küchenmeisterhütte)」に到着したのは11時半でした。
d0237497_2134470.jpg




すでに多くの人が、小屋で軽食、赤いテントでドリンク類をもとめ、ベンチに腰掛けて、思い思いにくつろいでいます。
せっかくですので、私もワインを一杯。
d0237497_2135565.jpg
レーデルゼーのヴェルトナー醸造所(Weingut Weltner)のジルヴァーナーをお願いしました。
2012 Sylvaner QbA trocken "Alte Reben" VDP-ERSTE LAGE
このワイナリーもVDP(ドイツ高品質ワイン生産者連盟)に加入しているので「VDP-ERSTE LAGE」と表示しています。
フランケン地方をあとにする前に、非常に後味が良く、品のある辛口を飲むことができて、幸せな気分になりました。

来た方向を振り返り、ただ通り過ぎてしまっただけのレーデルゼーの村を眺めます。
d0237497_2135396.jpg
ヴィーゼンブロン再訪の折は、この村もゆっくり歩き回ってみたいものです。

しかし、ブドウ畑の真っ只中でワインを飲むのは、いいものです。
キューヒェンマイスターの畑はなだらかで、のんびりとした気持ちにさせてくれます。
d0237497_21343755.jpg
みなさん、楽しそうです。
左側のゆったりした斜面がいい感じです。

*

グラスを赤テントの人に戻し、トラックが停まっている方向へ、再び歩きはじめます。
目指すはイプホーフェン。
d0237497_23443136.jpg
シュヴァンベルクは低い山といっても、けっこうな急斜面の箇所もあり、ブドウの収穫は大変だろうなと思いながら、さらに歩みを進めると、
d0237497_23512489.jpg
ユリウスシュピタール醸造所(Juliusspital Weingut)のブドウ畑が!
イプフェーファー・ユリウス・エヒター・ベルク(Iphöfer Julius-Echter-Berg)です。
私のショップで販売しているカビネットの辛口は、この畑のジルヴァーナーから造られたもの。
なんともいえぬ親近感が湧いてきます。
d0237497_13412196.jpg
近くにユリウスシュピタール醸造所の出張所もありました。
いつもお世話になっておりますと一礼して、イプホーフェンへ歩みを進めます。
d0237497_13492210.jpg
5分ほどで教会の塔と門が見えてきました。
d0237497_135133.jpg
門をくぐり、町の中へ。
なかなか雰囲気のある町です。

*

ところが、イプホーフェンの町に入ったあたりから足にダルさを感じ始めました。
さすがに疲労が蓄積してきたかと少しばかり憂鬱な気分に。

そこで、あちこち見て回るのは次の機会にしようと気持ちを切り替え、立ち上がります。
十分すぎるほど、見るべきものは見た。ヴュルツブルクに戻り、コインロッカーから荷物を出し、今日の宿泊地マインツ(Mainz)へ行こう。
そう決めたら元気が出てきました。

町の門を出て、駅へ向かいます。
その途中に立っている、当地ワイン即売所(?)といった趣きの建物発見。休日なので閉まっています。
d0237497_14133052.jpg
その横にどーんと鎮座していた巨大ボックスボイテルをパチリ。
d0237497_1493017.jpg
ほどなく、駅。
無人駅です。休日のお昼時、見事なほど人気がありません。
d0237497_14171389.jpg
時計を見ると13時40分。
あと10分程度で電車がやってきます。
早くヴュルツブルクに帰りたい。
そんな気持ちでいっぱいでした。

(5月1日、続く)
[PR]

by marienberg | 2013-06-03 14:22 | ドイツ出張記 | Comments(0)


<< 5月1日(後)@フランケン地方...      5月1日(前)@フランケン地方... >>