2016年 09月 16日

2014年 ビュルクシュタッター・ツェントグラーフェンベルク リースリング カビネット 白辛口

d0237497_2121742.jpg
【醸造所】シュティヒ(Stich)
2015er Bürgstadter Centgrafenberg Riesling Kabinett trocken
アルコール度数)12,5% 残糖量)5,2g/L

ドイツワインを代表するブドウ品種リースリング。
フランケンでもほとんどの醸造所が、辛口から甘口まで幅広いレンジで、豊かな果実香と高貴な酸味を持つこの品種のワインを造っています。

栽培される土壌の特性を色濃く反映するリースリングは、一般に「重いローム土壌は柑橘系の香りを引き出し、雑色砂岩はアプリコットのアロマを、スレートはミネラリッシュな香りを引き出します」(ドイツ・ワインインスティトゥート「エクスレ日本版」18ページ 2013年4月初版)と言われています。
d0237497_1175929.jpg
シュティヒ醸造所が本拠とするツェントグラーフェンベルク畑は雑色砂岩の土壌。
紹介文には「上品な桃の芳香、フレッシュで、生き生きとした酸」と記されています。
飲み心地がとても良いリースリングです。


【商品番号302】2015年 ビュルクシュタッター・ツェントグラーフェンベルク リースリング カビネット 白辛口 3,080円
(クリックしますとショッピングカート付きのページが別に開きます。ご注文はこちらからお願いいたします)
[PR]

by marienberg | 2016-09-16 09:40 | 販売中のワイン | Comments(0)


<< 2014年 ビュルクシュタッタ...      新着ワインお披露目会@14年秋... >>