人気ブログランキング |

ノイ・ノイ・ノイ!

marienberg.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:販売中のワイン( 4 )


2019年 11月 17日

2018年 フォルクアッハ ジルヴァーナー カビネット 白辛口

2018年 フォルクアッハ ジルヴァーナー カビネット 白辛口_d0237497_18115756.jpg
【醸造所】マックス・ミュラー1(Max Müller 1)
2018er Volkach Silvaner Kabinett trocken
アルコール度数)12,5% 残糖量)2,2g/L

マイン川中流が西に大蛇行する地点に位置する、フランケンのワイン村フォルクアッハ(Volkach)。
貝殻石灰土壌産の特質を備えた、硬質でシャープな飲み口という、典型的なフランケンワインの産地として知られ、数多くのワイナリーが点在する地域です。
そしてフォルクアッハを代表するのがマックス・ミュラー1醸造所。初めて弊ショップで販売する運びとなりました。

マックス・ミュラー1醸造所の生産ワインの4割近くを占めるのがジルヴァーナー種。
このジルヴァーナーは「クラシックな趣きがあり」「洋ナシとマルメロの芳香」に満ち「ボディは貝殻石灰土壌を反映している」。そして「複雑さが皆無で、比類ないみずみずしさ」がある、と紹介されています。
ぜひ、みなさまのワイングラスでお確かめください!


【商品番号301】2018年 フォルクアッハ ジルヴァーナー カビネット 白辛口 2,980円
(クリックしますとショッピングカート付きのページが別に開きます。ご注文はこちらからお願いいたします)

by marienberg | 2019-11-17 14:05 | 販売中のワイン
2019年 11月 17日

2018年 フランク&フライ ミュラートゥルガウ クーべーアー 白辛口

2018年 フランク&フライ ミュラートゥルガウ クーべーアー 白辛口_d0237497_18233634.jpg
【醸造所】マックス・ミュラー1(Max Müller 1)
2018er Frank&Frei Müller-Thurgau QbA trocken
アルコール度数)12,0% 残糖量)3,4g/L

「フランク&フライ(Frank&Frei)」とは、フランケンワインの14醸造所による生産グループです。
弊ショップおなじみのルドルフ・マイ醸造所もメンバーで、マックス・ミュラー1醸造所は数年前にこのグループの一員となりました。

「フランク&フライ(Frank&Frei)」の目標は明確です。
安かろう悪かろうといったミュラー・トゥルガウ種のワインのネガティブなイメージを払拭し、品質向上に努めることです。
そのために14醸造所は知恵と技術を交換し、批評会を開いて意見をたたかわせるなど、互いに切磋琢磨しながらミュラー・トゥルガウ種のワインに新たな息吹をふきこもうと力を尽くしてきました。
そして、各醸造所がそれぞれの個性を打ち出して生産したミュラー・トゥルガウのワインを、共同ブランド「Frank&Frei」の名のもとに世に出しているのです。
ちなみに最近では14醸造所の跡継ぎたちが「Frank&Frei 2.0」というグループを立ち上げ、次代のミュラー・トゥルガウ像を打ち出そうとしています。
こうしてフランケンワイン造りの伝統と革新は若い世代に受け継がれ、その裾野を広げていくのでしょう。

マックス・ミュラー1醸造所の「Frank&Frei」ですが、フローラルな香りが際立っています。
「ピリッとした、香りが良いボディ」で、「洋ナシと黄リンゴの混じり合ったアロマの戯れ」を「フレッシュでマイルドな酸が引き締めている」と醸造所の紹介にありました。
特筆すべきは、開栓直後と、しばらく空気に触れたあとの飲み口がかなり変化することです。
親しみやすいだけでなく、ワインの奥深さの一端にも触れることができる1本です!


【商品番号300】2018年 フランク&フライ ミュラートゥルガウ クーべーアー 白辛口 2,780円
(クリックしますとショッピングカート付きのページが別に開きます。ご注文はこちらからお願いいたします)

by marienberg | 2019-11-17 14:00 | 販売中のワイン
2019年 10月 30日

2018年 レッツシュタット ジルヴァーナー クーベーアー 白辛口(VDP.オルツヴァイン)

2018年 レッツシュタット ジルヴァーナー クーベーアー 白辛口(VDP.オルツヴァイン)_d0237497_20324848.png
【醸造所】ルドルフ・マイ(Rudolf May)
2018er Silvaner QbA trocken(VDP.Ortswein)
アルコール度数)12,0% 残糖量)1,0g/L
ルドルフ・マイ醸造所といえばジルヴァーナー。
フランケンワインの顔というべきジルヴァーナーですが、ユリウスシュピタールのようなフランケンを代表するワイナリーでも全体の43%の生産量。ビュルガーシュピタールでも27%にすぎません(2014年調べ)。
ところがルドルフ・マイ醸造所では68%をジルヴァーナーが占め、次に10%でシュペートブルグンダーが続き、以下5%がリースリング、ミュラー・トゥルガウ他といいますから、ルドルフ・マイのジルヴァーナー重視の姿勢は徹底しています。

はっきりとしたミネラルのニュアンス、グレープフルーツを思わせる果実香。
マイ醸造所のワインが初めてという方には、まずはこの一本をお薦めします。


【商品番号201】2018年 レッツシュタット ジルヴァーナー クーべーアー 白辛口(VDP.オルツヴァイン) 3,380円
(クリックしますとショッピングカート付きのページが別に開きます。ご注文はこちらからお願いいたします)

by marienberg | 2019-10-30 20:00 | 販売中のワイン
2019年 10月 30日

2018年 レッツシュタット リースリング クーべーアー 白辛口(VDP.オルツヴァイン)

2018年 レッツシュタット リースリング クーべーアー 白辛口(VDP.オルツヴァイン)_d0237497_20442461.png
【醸造所】ルドルフ・マイ(Rudolf May)
2018er Retzstadt Riesling QbA trocken(VDP.Ortswein)
アルコール度数)11,5% 残糖量)5,2g/L
ルドルフ・マイ氏は、ブドウの生産土壌とその特質に非常に意識を払っている造り手です。
彼のワインは、その大半がランゲンベルクという畑で栽培されるブドウから生産されています。
この畑は貝殻石灰土壌(Muskelkalk)で、下の画像の通り石が畑の多くを占めています。
2018年 レッツシュタット リースリング クーべーアー 白辛口(VDP.オルツヴァイン)_d0237497_10255369.jpg
このような、一見荒涼とした畑で十分にブドウが育つのかと心配になるほど水の気配は感じられませんが、ブドウは立派に実を結び、男性的で力強いワインが産み出されるから不思議です。
ちなみにヴュルツブルク周辺のブドウ畑はおおむね貝殻石灰土壌で、あの「ヴュルツブルガー・シュタイン」もこの地質。
「Stein(シュタイン)」とは「石」の意味ですから、こうした土壌をあらわすのに最適のネーミングだったのかもしれません。

このワインのワイナリーによる紹介では、香りは「マルメロ、メロン、リンゴ」。
ミネラルと果実香を兼ね備えた、フレッシュな酸が心地よいリースリングです。


【商品番号202】2018年 レッツシュタット リースリング クーべーアー 白辛口(VDP.オルツヴァイン) 3,380円
(クリックしますとショッピングカート付きのページが別に開きます。ご注文はこちらからお願いいたします)

by marienberg | 2019-10-30 19:50 | 販売中のワイン