ノイ・ノイ・ノイ!

marienberg.exblog.jp
ブログトップ
2013年 06月 01日

4月30日(後)@フランケン地方出張記2013年春

ニュルンベルク行きの快速に乗り込み、キッツィンゲンまで。

Würzburg Hbf 14:42--- Kitzingen 15:00(6,40ユーロ)

手持ちのユーロが少なくなっていたので両替しておこうと街中の金融機関へ。しかし円もドルも断られました。両替はヴュルツブルクでしておくべきだったと少々後悔。

気を取り直して、バスに乗り込みます。
目的地はヴィーゼンブロン(Wiesenbronn)

Kitzingen 16:15---(Bus8111)--- Seegarten, Wiesenbronn 16:47(2,95ユーロ)

この8111路線、ヴィーゼンブロンには「ゼーガルテン」という名のバス停がひとつしかありません。
かなり小さな村だろうと出発前に調べてみたら、人口は1000人に達していません。
ルドルフ・マイ醸造所があるレッツシュタットでも約1700人ですから、これは相当な田舎だろうと考えていました。
スーパーもないかもしれないと、キッツィンゲンで水を買ったのも、それゆえです。

学校帰りの子供たちがバスが停まるたびに降りていき、車内がガランとしてきた頃、ヴィーゼンブロンに到着。
キッツィンゲンではミストというに近かった雨、ここでは傘をささなければ濡れネズミになってしまうくらいに強くなっています。

それにしてもこの村、教会と信用金庫、それに2軒の飲食店があるだけで他に何も見当たりません。
人通りもなく、ただ家畜の匂いが漂っているだけです。
雨、そして肌寒いこともあいまって、なんだかうら寂しい気持ちになってきます。

しかし、ブルーになっているヒマはありません。
目指すワイナリー、試飲できるのは17時半まで。時計を見るとあと40分しかありません。
ホテルと醸造所は隣接しているので、まずはチェックインをしてからです。
d0237497_19223089.jpg


Weiter/続きを読む »
[PR]

# by marienberg | 2013-06-01 07:43 | ドイツ出張記
2013年 05月 31日

4月30日(前)@フランケン地方出張記2013年春

朝食後、荷造りをしたあと郵便局およびデパート等に行き、発送やおみやげ購入に奔走。
明日5月1日はMayday、日本では平日ですがドイツでは休日。
金融機関や商店は閉まってしまうので、今日のうちにいろいろとやっておかねばならないのです。

そんな中、日本からメールで30日午前にお伺いする旨伝えていたビュルガーシュピタール醸造所の輸出担当者マクレガーさんに電話を入れ、10時半でよろしいですか?と確認をとりました。
わかりました、お待ちしていますとの返事に安堵。

出発前から楽しみにしていた日が、やってきました。
ビュルガーシュピタール醸造所(Bürgerspital Weingut)訪問です。
d0237497_9522374.jpg


Weiter/続きを読む »
[PR]

# by marienberg | 2013-05-31 01:00 | ドイツ出張記
2013年 05月 29日

4月29日@フランケン地方出張記2013年春

起床7時。
窓から外を眺めると、あいにくの曇り空。
身を乗り出してみると、ひんやりと肌刺す冷気。
昨日の疲れが残っているのを感じながら、朝食の際エスプレッソをぐいと飲み、部屋に戻って身支度を整えます。

今日と明日訪問する未知のワイナリーは、どちらもビオワイン(Biowein)生産者(日本では「オーガニックワイン」の方が通りがいいかもしれません)。
はからずも、出張終盤のテーマは「ビオ(Bio)」ということになりました。


*

10時少し前、ヴュルツブルク駅に隣接するバスターミナルへ。

運賃を払おうと前から乗車すると、運転手さん朝ごはん食べてました。
タッパーを抱えてトマトをもぐもぐ、キュウリのピクルスをポリポリかじってます。

しかしまあ、こちらのバス運転手さんはツッコミどころいっぱいです。

Würzburg Busbahnhof 10:07---( Bus55 )--- Theilheim 10:25(3,50ユーロ)

今日の目的地はタイルハイム(Theilheim)。
H・デピッシュ醸造所(Weingut H. Deppisch)は、この小さな村にあります。
d0237497_16341443.jpg


Weiter/続きを読む »
[PR]

# by marienberg | 2013-05-29 23:09 | ドイツ出張記
2013年 05月 26日

4月28日(後)@フランケン地方出張記2013年春

d0237497_221344.jpg
「ミュラー・トゥルガウ(Müller-Thurgau)の木が、フランケンの地に植えられてから100年を記念して造った"Frank&Frei"のゼクトです。
初めて試飲の場に出すことにいたします」

名前は「2011 Jubiläumssekt M-Th, 100 Jahre Müller-Thurgau」。
泡が心地よく、スッキリサッパリでまことに飲みやすいゼクト(シャンパン)でした。

Weiter/続きを読む »
[PR]

# by marienberg | 2013-05-26 23:59 | ドイツ出張記
2013年 05月 24日

4月28日(中)@フランケン地方出張記2013年春

深呼吸をひとつしてから、玄関のドアに手をかけ、中に入ります。
白が基調の、明るく広いホールに、すでに十数名くらい集まって、グラスを片手に談笑している光景が目に飛び込んできました。
d0237497_1044345.jpg
その中でひときわ長身の方が、私の姿を認めると、ゆっくりと近づいてきました。

「ようこそレッツシュタットへ。お知り合いになれて嬉しいです」

ご主人ルドルフ(Rudolf)さんでした。

Weiter/続きを読む »
[PR]

# by marienberg | 2013-05-24 17:24 | ドイツ出張記
2013年 05月 23日

4月28日(前)@フランケン地方出張記2013年春

朝、目が覚めてすぐ、窓から外の様子をうかがいます。
雨は降っておらず!テレビの天気予報を見ても、なんとか一日、傘をささずに動けそうです。
それだけで、ホッとしました。

なぜなら今日、取引先であるルドルフ・マイ醸造所(Weingut Rudolf May)の「Jahrgangspräsentation」。
2012年ワインの「お披露目会」が、ヴュルツブルクから北に20kmほど離れたレッツシュタット(Retzstadt)のマイ醸造所で催されるのです。
d0237497_1956518.jpg


Weiter/続きを読む »
[PR]

# by marienberg | 2013-05-23 20:14 | ドイツ出張記
2013年 05月 22日

4月27日(後)@フランケン地方出張記2013年春

ノルトハイムとマイン川を背にして、エッシェルンドルフ村へと歩みを進めます。
d0237497_18201897.jpg
ここにも圧搾用具が鎮座ましましています。

しかし、まことに心ときめく眺めです。
広大なエッシェルンドルファー・ルンプ(Escherndorfer Lump)の畑に抱かれるようなこのワイン村、まず高いところから全景をみようと、石段があったので上がってみることにしました。
d0237497_18265918.jpg
こんな階段を登っていきます。

Weiter/続きを読む
[PR]

# by marienberg | 2013-05-22 22:18 | ドイツ出張記
2013年 05月 22日

4月27日(前)@フランケン地方出張記2013年春

ちゃんと着替えて床に就いたものの、0時過ぎ、盛大な嬌声に目が覚めてしまいました。
隣室が喫煙ルームで、そこに集まった方々が大騒ぎしていて…まったく困ったものです。

そういえばホテルのレストランに団体さんが来てたなぁと思い出し、ひたすら嵐の過ぎ去るのを待ちます。
幸いにも30分くらいで撤収してくれましたが、どうしてくれるんだ俺の睡眠時間はとぼやきたくなりました。
金曜の夜、しかも旅先で、だれだって開放的になる気分はわかりますが…

というわけで、冴えない朝を迎えました。
おまけに外は雨。
ボソボソと朝食をとり、チェックアウト時間近くまで二度寝。
少し頭がすっきりしたところで、傘をさして出発。

*

ノルトハイム(Nordheim)には、訪ねてみたいワイナリーがありました。
ルトロフ醸造所(Weingut Rudloff)です。

今回の出張の前に、私の仕事上のパートナーに日程を紹介した際、ノルトハイムに泊まるならあの醸造所へ行くべきですと勧められたのがルトロフでした。

― 厚みのある飲み口ですが、ただ力強いだけでなく、透明感もあって日本人好みだと思います。

― それは面白い。必ず行くことにします。

真面目にそんな会話を交わしたあと、彼の顔がふとほころびました。

― おまけに、ルトロフさんの奥さんがとてもチャーミングな方でしてね。行ってみればわかりますよ。
d0237497_20554630.jpg
しとしと降る雨の中、すぐにルトロフ醸造所は見つかりました。

Weiter/続きを読む »
[PR]

# by marienberg | 2013-05-22 22:17 | ドイツ出張記