人気ブログランキング |

ノイ・ノイ・ノイ!

marienberg.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ジルヴァーナー ( 3 ) タグの人気記事


2019年 11月 17日

2018年 フォルクアッハ ジルヴァーナー カビネット 白辛口

d0237497_18115756.jpg
【醸造所】マックス・ミュラー1(Max Müller 1)
2018er Volkach Silvaner Kabinett trocken
アルコール度数)12,5% 残糖量)2,2g/L

マイン川中流が西に大蛇行する地点に位置する、フランケンのワイン村フォルクアッハ(Volkach)。
貝殻石灰土壌産の特質を備えた、硬質でシャープな飲み口という、典型的なフランケンワインの産地として知られ、数多くのワイナリーが点在する地域です。
そしてフォルクアッハを代表するのがマックス・ミュラー1醸造所。初めて弊ショップで販売する運びとなりました。

マックス・ミュラー1醸造所の生産ワインの4割近くを占めるのがジルヴァーナー種。
このジルヴァーナーは「クラシックな趣きがあり」「洋ナシとマルメロの芳香」に満ち「ボディは貝殻石灰土壌を反映している」。そして「複雑さが皆無で、比類ないみずみずしさ」がある、と紹介されています。
ぜひ、みなさまのワイングラスでお確かめください!


【商品番号301】2018年 フォルクアッハ ジルヴァーナー カビネット 白辛口 2,980円
(クリックしますとショッピングカート付きのページが別に開きます。ご注文はこちらからお願いいたします)

by marienberg | 2019-11-17 14:05 | 販売中のワイン
2019年 10月 30日

2018年 レッツシュタット ジルヴァーナー クーベーアー 白辛口(VDP.オルツヴァイン)

d0237497_20324848.png
【醸造所】ルドルフ・マイ(Rudolf May)
2018er Silvaner QbA trocken(VDP.Ortswein)
アルコール度数)12,0% 残糖量)1,0g/L
ルドルフ・マイ醸造所といえばジルヴァーナー。
フランケンワインの顔というべきジルヴァーナーですが、ユリウスシュピタールのようなフランケンを代表するワイナリーでも全体の43%の生産量。ビュルガーシュピタールでも27%にすぎません(2014年調べ)。
ところがルドルフ・マイ醸造所では68%をジルヴァーナーが占め、次に10%でシュペートブルグンダーが続き、以下5%がリースリング、ミュラー・トゥルガウ他といいますから、ルドルフ・マイのジルヴァーナー重視の姿勢は徹底しています。

はっきりとしたミネラルのニュアンス、グレープフルーツを思わせる果実香。
マイ醸造所のワインが初めてという方には、まずはこの一本をお薦めします。


【商品番号201】2018年 レッツシュタット ジルヴァーナー クーべーアー 白辛口(VDP.オルツヴァイン) 3,380円
(クリックしますとショッピングカート付きのページが別に開きます。ご注文はこちらからお願いいたします)

by marienberg | 2019-10-30 20:00 | 販売中のワイン
2013年 05月 24日

4月28日(中)@フランケン地方出張記2013年春

深呼吸をひとつしてから、玄関のドアに手をかけ、中に入ります。
白が基調の、明るく広いホールに、すでに十数名くらい集まって、グラスを片手に談笑している光景が目に飛び込んできました。
d0237497_1044345.jpg
その中でひときわ長身の方が、私の姿を認めると、ゆっくりと近づいてきました。

「ようこそレッツシュタットへ。お知り合いになれて嬉しいです」

ご主人ルドルフ(Rudolf)さんでした。

Weiter/続きを読む »

by marienberg | 2013-05-24 17:24 | ドイツ出張記