人気ブログランキング |

ノイ・ノイ・ノイ!

marienberg.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ビュルガーシュピタール ( 6 ) タグの人気記事


2019年 10月 02日

2018年 ヴュルツブルガー・シュタイン ジルヴァーナー クーベーアー 白辛口(VDP.エアステ・ラーゲ)

d0237497_11574405.png
【醸造所】ビュルガーシュピタール(B?rgerspital)
2018er W?rzburger Stein Silvaner QbA trocken(VDP.ERSTE LAGE)
アルコール度数)13,0% 残糖量)1,9g/L
−フランケンワイン品評会金賞−

ヴュルツブルクを代表する銘醸畑、シュタイン(Stein)。ヴュルツブルク中央駅の背後にひろがる広大な畑がそれです。
ホームに降り立ち、その雄大な風景を目にした旅行者は、自分がフランケンワインの本場に来たと実感するに違いありません。
d0237497_10414983.jpg
ビュルガーシュピタールには、今でも飲用が可能な世界最古のワインが地下の宝物庫に保管されていますが、それはなんと1540年産。
わが国では織田信長がまだ子供の頃で、ドイツでは1555年アウグスブルクでカトリックとプロテスタントの和議が成立する前です。
このワイナリーの歴史の古さが伺えるというものですが、そのワイン、実はシュタインで収穫されたブドウで造られたものです。
この由緒あるブドウ畑のジルヴァーナーから造られた当ワイン、説明で使われている単語は3つ。
「高貴な(nobel)」「力強い(kr?ftig)」「ミネラルが豊か(mineralisch)」
このジルヴァーナー、フランケンワインの真髄を十分に堪能できるものと自負しています。


【商品番号102】2018年 ヴュルツブルガー・シュタイン ジルヴァーナー クーベーアー 白 辛口(VDP.エアステ・ラーゲ) 3,780円
(クリックしますとショッピングカート付きのページが別に開きます。ご注文はこちらからお願いいたします)

by marienberg | 2019-10-02 10:00 | 販売中のワイン
2019年 10月 02日

2018年 ヴュルツブルガー・シュタイン リースリング クーベーアー 白辛口(VDP.エアステ・ラーゲ)

d0237497_12063136.png
【醸造所】ビュルガーシュピタール(B?rgerspital)
2018er W?rzburger Stein Riesling QbA trocken(VDP.ERSTE LAGE)
アルコール度数)12,5% 残糖量)3,8g/L
−フランケンワイン品評会金賞−

ドイツの高級白ワインといえば高貴品種のリースリング。
ほとんどのワイン生産地域で栽培されているリースリング、上品な香りであまねく知られています。
ところがリースリングから造られたフランケンワインは、それらの基本的なテイストに、さらにキリッと引きしまった硬質な味わいが加わるのです。
モーゼル、ラインガウのリースリングを飲み慣れたみなさまには、とりわけ興味深く思われること間違いありません。

ビュルガーシュピタールのワインリストには一本一本の簡潔な説明および「お薦めの料理」が紹介されています。
いったいどんな味なのだろうとあれこれ想像するのも楽しいのですが、このワインは「上品なの香り」「複雑な味わい」「ミネラル豊富」。
「お薦めの料理」のところには「軽いシーフード料理、生もしくはマリネにした魚、そして肉料理にとパーフェクトな調和をみせる」とあります。
親しみやすい飲み口ではあるものの、杯を重ねるごとに奥の深さといったものが感じられます。
フランケンワイン初心者の方にお薦めします。


【商品番号104】2018年 ヴュルツブルガー・シュタイン リースリング クーベーアー 白 辛口(VDP.エアステ・ラーゲ) 3,780円
(クリックしますとショッピングカート付きのページが別に開きます。ご注文はこちらからお願いいたします)

by marienberg | 2019-10-02 09:30 | 販売中のワイン
2013年 06月 06日

5月2日・おわりに@フランケン地方出張記2013年春

起床6時40分。
すぐに窓辺に寄り、すっかり習慣となった空模様チェック。
今日は空港に移動するだけだからもう必要なかったなと苦笑いしながら、曇り空を見上げます。

朝食。
スクランブルエッグとベーコンがあって、コレはちょっと嬉しかったです。

8時半ごろ駅構内にある両替所へ。
5,000円(Yen)札を出したところ、手数料引かれて渡されたのは31,77ユーロ。
円も安くなったものだとため息ひとつ。
円安を歓迎する方々がいる一方、輸入業者にとってはキツイ流れです。
でも日本全体の景気が良くなってくれればいいのですが…

チェックアウト8時50分。駅の前からホテルをパチリ。真ん中の電柱に接している建物がそれです。
d0237497_1156396.jpg


Weiter/続きを読む »

by marienberg | 2013-06-06 15:37 | ドイツ出張記
2013年 05月 31日

4月30日(前)@フランケン地方出張記2013年春

朝食後、荷造りをしたあと郵便局およびデパート等に行き、発送やおみやげ購入に奔走。
明日5月1日はMayday、日本では平日ですがドイツでは休日。
金融機関や商店は閉まってしまうので、今日のうちにいろいろとやっておかねばならないのです。

そんな中、日本からメールで30日午前にお伺いする旨伝えていたビュルガーシュピタール醸造所の輸出担当者マクレガーさんに電話を入れ、10時半でよろしいですか?と確認をとりました。
わかりました、お待ちしていますとの返事に安堵。

出発前から楽しみにしていた日が、やってきました。
ビュルガーシュピタール醸造所(Bürgerspital Weingut)訪問です。
d0237497_9522374.jpg


Weiter/続きを読む »

by marienberg | 2013-05-31 01:00 | ドイツ出張記
2012年 05月 17日

ビュルガーシュピタールによる紹介動画(2)

昨日ビュルガーシュピタールから、動画をアップしましたよと案内メールが届きました。
さすがに外部の人間が製作した動画より格段に出来がいいですね。
さっそく紹介させていただきます。

0:37に吟醸畑ヴュルツブルガー・シュタイン、0:53にトイフェルスケラーを含むランダースアッカーのブドウ畑が映し出されます。
地下のワインケラーの様子もよくわかります。
世界最古のワインは2:20に登場します。



by marienberg | 2012-05-17 11:50 | ワイナリー
2012年 04月 30日

ビュルガーシュピタール紹介動画(1)

「YouTube」で見つけました。
エチケットからおわかりと思いますが、10年近く前に撮影されたものです。
ビュルガーシュピタールのワインを扱っていたアメリカの輸入業者が宣伝用に作ったものと思われます。
0:55付近で、このワイナリーの宝、世界最古の1540年産ワインのボトルが映し出されます。
ご注目下さい。



by marienberg | 2012-04-30 23:59 | ワイナリー